Monthly Archives: 6月 2017

2017年6月の製造業関連NEWS

2017/06/30:
・シャープが東京証券取引所に対し、株式を上場している東証2部から1部への復帰を申請した。(産経より)
・総務省の労働力調査発表(2017/05月)
 完全失業率:3.1%(前月から+0.3%)
 就業者数:6547万人(前年同月から+76万人)
 雇用者数:5796万人(前年同月から+57万人)
 完全失業者数:210万人

2017/06/29:
・ファーウェイが年内にも大型工場を日本に新設し、通信機器や関連機器を量産する予定。(日経より)
・米格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスが中国主導の国際金融機関「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」に対し、最も評価が高い「Aaa(トリプルA)」の格付けを付与したと発表。(読売新聞より)

2017/06/28:
・東芝が、米ウエスタンデジタル(WD)とその子会社を不正競争行為の差し止めを求める仮処分命令の申し立てと総額1200億円の支払いなどを求める損害賠償等請求訴訟を提起したと発表(ロイターより
・Intelが64層TLC(Triple Level Cell) 3D-NANDのSSDを製品化したと発表。製品名はSSD 545sで容量は512GB。(Intelより)
・東芝メモリが、QLC(Quad Level Cell)技術を用いた3D-NAND型フラッシュメモリ「BiCS FLASH」を試作し、基本動作と基本性能を確認したと発表した。QLCを用いた3D NANDフラッシュは「世界初」(EE Times Japanより)

2017/06/27:
・自動車安全システム世界首位のオートリブとボルボ・カー(共にスウェーデン)が米半導体大手エヌビディアと自動運転車向けのシステム開発などで提携すると発表。(日経より)
・欧州連合(EU)欧州委員会が、グーグルが検索サービスでの支配的な地位を乱用し、EU競争法(独占禁止法)に違反したとして、24億2000万ユーロ(約3000億円)の制裁金を科したと発表。
グーグルはこの決定を不服として異議申し立てを検討中。(JIJI.comより)

2017/06/26:
・タカタが東京地裁に民事再生法の適用を申請し、受理。東京商工リサーチによれば負債総額は約1兆7000億円に上る見込み。(YOMIURI ONLINEより)

・タカタの民事再生法の適用申請に伴う各社の状況(IT Mediaビジネスより)
トヨタ:取り立て不能または遅延のおそれがある債権が約5700億円発生したことを発表。ただ、既に貸倒引当金として計上しており、業績への影響は軽微という。
SUBARU:エアバッグの品質関連費用として、2017年3月期現在で約735億円を未払い計上していることを発表。18年3月期には新たに付随費用が発生する見込みという。回収可能性については、「不透明感があることから、当該影響を含めて精査中」としている。
日産、ホンダ、三菱自動車:債権額を公表しなかったものの、「回収が困難となることが見込まれる」と発表した

2017/06/23:
・東芝は同社株が8/1付で市場1部から同2部に降格になると発表、2017年3月期末の債務超過が確実になったため、東京証券取引所が降格を決めた。(ロイターより)
・AppleからGPUコアの使用を停止する通達を受けていたImaginationが、取締役会で全社売却を決定。(EE-Times Japanより)

2017/06/22:
・Foxconnが米での投資についてアナウンス。プロジェクト名はFlying Eagle。(DIGITIMESより)
・MediaTekが7nmのChipの製造委託先をTSMCに決定(EE-Times Japanより)

2017/06/21:
・東芝は取締役会を開き、半導体子会社の売却先として、政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行、米系投資ファンドのベインキャピタルで構成する企業連合を優先交渉先に選定したと発表(ロイターより)

2017/06/20:
・シャープが今月末に東証1部への復帰に向けた申請を行うと明らかにした。(ロイターより)
・東芝は半導体子会社「東芝メモリ」の売却先を、産業革新機構や米投資ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手のSKハイニックスなどからなる「日米韓連合」とする方向で最終調整に。(産経より)
・中国の賃金上昇率が鈍化傾向に(Bloombergより)
・テスラが中国の上海に生産工場を建設する方向で話が進んでいる模様(Bloombergより)

2017/06/16:
・タカタが早ければ来週にも民事再生法の適用を東京地裁に申請する方向で準備に入った模様。負債総額は1兆円超とみられる。(ロイターより)
一方、タカタは自社HPで「決定の事実はない」としている(タカタIR)
=> 東証は16日、当社の株の売買を停止した

2017/06/15:
・東芝フラッシュメモリー事業の買収において、「日米連合」を構成する政府系の産業革新機構と日本政策投資銀行が各3000億円規模を出資(計6000億円)、三菱東京UFJ銀行が4000億円を拠出するほか、国内企業も出資し日本勢で過半を占め、主導権を握る考え。(JIJI.comより)
・WD(ウエスタンデジタル)が東芝との半導体合弁事業の売却の暫定差し止めを求めてカリフォルニア州地裁に提訴(ロイターより)

2017/06/14:
・東芝フラッシュメモリー事業の売却交渉において、政府系ファンドの産業革新機構を軸とする「日米連合」が買収額を2兆1000億円程度に上積みする方針であることが明らかに。(JIJI.com)
・ 東芝が家庭用燃料電池(エネファーム)の製造、販売を7月末で終了すると発表した。累計販売台数は約8万台。保守・サービスは事業撤退後も継続する。(JIJI.comより)

2017/06/12:
・鴻海精密工業のCEO/郭台銘氏が東芝半導体事業の買収を目指す企業連合にアップルやデル、キングストン・テクノロジーが参加すると明らかにした。(ロイターより)

2017/06/10:
・東芝の半導体メモリー事業の買収に関し、米ウエスタンデジタルが産業革新機構等と組んだ日米連合の買収提案額を少なくとも2兆円に増額する意向の模様。(ロイターより)

2017/06/07:
・メディアテックがミッドレンジ及びエントリーレベルの製品用にグローバルファウンドリーの22nm、FD-SOIプロセスを検討しているとの事(DIGITIMESより)

2017/06/06:
・SEMIの調査によれば、2017/Q1の世界の半導体装置の売上はUS$13.1B(約1兆4410億円(1US$=¥110))であったとの事。
国別に見ると、韓国が台湾を抜きトップにUS$3.53B(3883億円)、2位は台湾でUS$3.48B(3828億円)。中国は3位でUS$2.01B(2211億円)

・自動車輸入組合の発表によると日本国内の5月の輸入車販売台数=21,602台(前年同月比=+0.5%)
増加は14か月連続でクリーンディーゼル車の売れ行きが好調。
内訳は、メルセデスベンツが4,735台、フォルクスワーゲンが3,865台、BMWが3,641台でドイツ勢、米国車は956台。(JIJI.comより)

2017/06/05:
・日産の5月の中国自動車販売台数は112,085台(前年比+5.7%)。4月の伸び率が9.5%であったことから減速気味。また、1~5月の販売台数は531,756台(前年比+6.2) (ロイターより)
・トヨタの5月の中国自動車販売台数は112,800台(前年比+11.6%)。また、1~5月の販売台数は51,7100台(前年比+31.9) (ロイターより)
・ホンダの5月の中国自動車販売台数は115,584台(前年比+16.2%)。(産経ニュースより)
・マツダの5月の中国自動車販売台数は25,093台(前年比+27.9%)。(産経ニュースより)

2017/06/03:
・トヨタ自動車が2016年末までにテスラモーターズの株式全てを売却していたことが明らかに(JIJI.com)

2017/06/02:
・日立製作所が中国・広州市の超高層ビル「広州周大福金融中心」に設置したエレベーターが、速度試験で1260m/min(75.6km/h)となり世界最高速を記録。(JIJI.com)

(2017/05/28)
・シャープが07/01に台湾支社を設立する方針。また、東証1部への復帰に関しても6月末までに申請手続きを行う予定。(FOCUS TAIWAN)

(2017/05/01)
・IV(Intellectual Ventures)が自身の保有する電動モーターの特許を侵害しているとしてトヨタ、ホンダ、デンソー、アイシン精機、BMWなどの自動車及び部品メーカー25社を提訴、ITC(米国際貿易委員会)が調査を開始