Tag Archives: manufacturing

2017年7月の製造業関連NEWS

2017/07/31:
・タカタ担当者ら不起訴=エアバッグ異常破裂-静岡地検支部(JIJI.comより

2017/07/29:
・テスラ、低価格EV初納車 新型セダン「モデル3」(産経より
米国での基本価格はUS$35,000で日本での価格は未定
1回の充電で220マイル(354km)の走行が可能、US$9,000の長距離用バッテリーを付ければ310マイルの走行が可能になる
米のメディアによれば、このモデル3の全世界での予約は50万台

2017/07/28:
・世界販売、ルノー・日産が首位=トヨタ過去最高も3位 17年上期(JIJI.comより
2017年上半期(1-6月)の世界販売
日産・ルノー・三菱自動車 526万8079台
フォルクス・ワーゲン(VW) 515万5600台
トヨタ・ダイハツ・日野自動車 512万9000台(前年同期比:+2.7%)
(トヨタ単独で426万2000台(前年同期比:+2.4%)

・自動車大手8社の2017年上半期(1-6月)国内・海外生産数(産経より
国内生産:459万8562台(前年同期比=+8.4%)
海外生産:963万2418台(前年同期比=+5.4%)
合計:1423万0980台(前年同期比=+6.3%)

国内生産:海外生産 = 32.3%:67.7%

2017/07/27:
・鴻海、米に1兆円超投資(ロイターより
・アルプス電気とアルパイン、2019年1月に経営統合(ロイターより

2017/07/26:
・タカタ、27日付で上場廃止…最後の終値18円(読売より
・韓国の現代自、第2四半期は51%減益 米中販売低迷で(ロイターより
・佐川急便が宅配便を値上げ 大型荷物は最大33%(日経より
・英国が脱ディーゼル・ガソリン宣言(ロイターより
ガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止。
ただし、内燃エンジンだけを備えたものに限っている(ハイブリッド車は対象外)

2017/07/25:
・ドイツ自動車3社、談合疑惑で株価急落-従業員は事実解明を要求(Bloombergより

2017/07/24:
・独自動車大手5社にカルテル疑惑、排ガス規制逃れの背景に(産経より

2017/07/22:
・トヨタが2019年にも中国でEVを量産(日経より
・日産に27億円賠償命じる 米のブレーキ欠陥で死亡事故(産経より

2017/07/19:
・タカタ、新たなリコール拡大リスク(ロイターより

2017/07/11:
・スズキなど「排ガス不正の疑い」=オランダ検察が調査(JIJI.comより
・東芝が「東芝メモリ」の売却に関し、ウェスタンデジタル及び鴻海精密工業との交渉も開始(ロイターより

2017/07/07:
・クアルコムが、インテル製の半導体を搭載した米アップルのiPhone、iPadの一部機種について、クアルコムの特許を侵害しているとして国際貿易委員会(ITC)に提訴する見通し。(ロイターより

2017/07/06:
・ボルボ・カー(スウェーデン)が2019年以降に発売する全ての車種を電気自動車などの電動車にすると発表。
ガソリンやディーゼルのエンジンだけを搭載した車種は発売せず、全面的にEV、PHV、HVといったモーターを搭載する3種類の車を販売する予定。(読売新聞より

・EU欧州委員会は6日にキャノンに対し「異議告知書」を送付したと発表。
キヤノンが2016年に欧州委の承認を得ずに東芝メディカルシステムズの買収を実行し、EUの合併規則に違反した疑いがあるという内容。
最終的に違法行為が確認された場合、世界での年間売上高の最大10%の制裁金が科される恐れがある。ただ、欧州委は既に買収を承認しており、これを取り消すことはないとしている。(JIJI.comより

・マイクロソフトが数千人規模の人員削減を計画していることが関係筋の話で明らかに。削減の大半は米国外で実施されるとしている。
マイクロソフトの全世界の従業員数は3月31日時点で約12万人。(ロイターより

2017/07/05:
・日本とEUの経済連携協定EPA交渉で、EUが課す10%の自動車関税が協定発効から7年で撤廃される方向に。(産経新聞より

2017/07/04:
・Samsungが韓国の半導体工場に2兆円を投資(日経より

2017/07/03:
・サムスン電子が昨年生産を中止したギャラクシーノート7の未開封製品に新しいバッテリーを装着した「ギャラクシーノートFE(Fan Edition)」を7日に発売すると発表。(中央日報より

・東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の買収で優先交渉先となった産業革新機構などの「日米韓連合」内で、韓国半導体大手SKハイニックスが最大33.4%の議決権取得を要求している事がわかった。(共同通信より

2017/07/02
・国産初の小型ジェット旅客機MRJを開発している三菱航空機が2017年3月期に、510億円の債務超過に。純損失は511億円。MRJの開発が遅れ、機体の納入ができない状態が続いているため。ただし、三菱航空機は三菱重工業の非上場子会社であり、三菱重工からの借入金などで賄っているため、債務超過であっても資金繰りや経営に大きな影響はないとみられる。(JIJI.comより)

・コニカミノルタが産業革新機構と共同で、米国のアンブリー・ジェネティクス(遺伝子分析によるがんなどの医療診断を手掛ける)を買収する方針を固めた事が判明。買収総額は1000億円程度。(JIJI.comより)